サービス紹介

訪問看護とは

病気や障害を持った人が住み慣れた地域やご自宅でその人らしく療養生活を送れるように、看護師などが生活の場へ訪問し、看護サービスの提供や自立への援助を促し、在宅療養を支援するサービスです。

サービス内容

  • 病状・障害の管理
  • 入浴・清拭・洗髪の援助
  • 食事・排泄など、日常生活の援助
  • 医療機器の管理、医療処置
  • リハビリテーション
  • 介護者への助言・相談
  • 専門機関との連絡・調整

こんな時に「訪問看護」をご活用ください

  • 退院後も続けて医療処置が必要なので心配。
  • 家で過ごしたいが、介護してくれる家族に負担がかかってしまう。
  • ひとり暮らしなので、病状が変化したら家での生活が心配。
  • 医療機器をつけているので目が離せない。
  • 間違えないで、正しく薬が飲めているか心配。
  • 寝たきりの状態でリハビリテーションが必要。

研究情報の公開について(オプトアウト)

通常、臨床研究を行う際は、対象者様に対し、文書もしくは口頭で説明をし、同意を得る必要があります。しかし、臨床研究のうち、対象者様への侵襲や介入がなく、診療情報のみを用いた研究については、国が定めた指針に基づき、対象となる利用者様お一人ずつから直接同意を得る必要はなくなりますが、研究実施についての情報公開と拒否の機会を保障することが必要とされています。このような手法を「オプトアウト」と言い、マリアーナ訪問看護ステーションでは、診療情報を元に、以下の研究を行っております。
なお、本研究への協力を希望されない場合は、下記文書内に記載されている研究担当者までお知らせください。
研究へのご協力何卒宜しくお願い致します。